津軽保健生活協同組合 健生病院

津軽保健生活協同組合 健生病院
病院所在地:青森県   病院種別: 一般病院(急性期)   総病床数:200以上300床未満   総職員数:300人以上500人未満   総看護師数:1人以上300人未満  

Healthy life creating together

こちらの画面は会員限定の内容が含まれております。すでに会員の場合にはログインしてください。
津軽保健生活協同組合 健生病院
2017年10月新築リニューアル‼
津軽保健生活協同組合 健生病院
職員集合写真
この病院の症例数
並び替え 

症例の種類別分類 平均症例数(1倍) 症例数 平均数
出典:中央社会保険医療協議会 診療報酬調査専門組織(DPC評価分科会) MDC別医療機関別件数
病院データ
  • 名称
    津軽保健生活協同組合 健生病院
  • 名称カナ
    ケンセイビョウイン
  • 病院名略称
    健生病院
  • 病院種別
    一般病院(急性期)
  • 設置体
    医療生協
  • 病院の特徴
    当院の歴史は戦後の混乱した時期に「お金の心配をせず安心してかかれる自分たちの病院がほしい」と願う津軽の人々と、「医療に恵まれない働く人々のいのちとくらしを守りたい」という医療従事者が集まり、知恵と力とお金を出しあい、1952年2月24日、津軽保健生活協同組合を立ち上げ、健生病院をつくり発展させてきました。津軽保健生活協同組合が設立され65年、弘前市野田での健生病院開設から50年を迎える2017年10月、健生病院・健生クリニックはアルカディアに移転いたしました。設立以来、津軽保健生活協同組合、健生病院・健生クリニックが大切にしてきたことは、貧しさの故に困難にある人たちに寄り添うこと、そして、誰もが差別されることなく平等に医療を受けられ、健康で豊かに生きることのできる社会を地域の人々と共に実現することです。

    健生病院・健生クリニックは、貧困と経済格差・健康格差が広がる社会に立ち向かい、豊かな超高齢化社会をめざすなかで、津軽の人びとが住みなれたまちで、安心して健やかに暮らしていけるよう、ひとりひとりに寄り添いながらともに歩んでいきます。

    【病院の特徴】
    ◆県内初(東北でも2番目に)、「NPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)」の認定を取得(2016年12月更新)。地域医療の実践を理念として全職員で取り組んでいる点や研修プログラム、指導医・専属事務担当者のサポート体制、研修医の満足度などが高く評価されています。
    ◆年間の救急外来患者数約20,000人、救急車搬入件数約2,000件と地域医療圏最多の救急患者を受け入れており、地域の救急医療の中核を担っています。
    ◆疾病の治療だけでなく、リハビリや予防・健康増進に至るまで包括的な医療活動を展開しています。
    ◆2017年10月に弘前市扇町オフィスアルカディアへの新築移転をしました。旧来と比較してスペースは、救急外来が1.3倍、手術室2.5倍、健診科1.5倍で、重症患者の治療を行うハイケアユニットも4床から8床に拡大しました。

    全職員が研修医の成長を支え、研修の質を上げるように日々努力しています。研修医の個性を尊重し、一人一人が生き生きと研修ができる環境です。ぜひ一緒に充実した研修生活を送りましょう。
  • 特に強みのある診療分野
    【救急科】
    県内唯一のER型救急には専属指導医が常駐しており、「断らない救急」を掲げて実践しています。津軽地域医療圏で最多となる救急車搬入は地区管内総数最多の約2,000件/年、救急外来受診患者は約20,000人/年、緊急入院は約2,000件を受け入れています。

    【総合診療】
    総合診療部門では、赤ちゃんから高齢者、家族のケアまで、多角的に行っています。外来・訪問医療・生活相談・診療所で、豊かな実践ができます。また、病院と診療所の連携が蜜なため、外来診察から入院、退院後まで同じ患者様をフォローできるなど、継続した診療を経験できます。

    【リハビリテーション科】
    県内最大級のリハビリ病棟を持ち、種々の疾患による患者さまの身体的機能・能力障害等に対し残っている能力を最大限に引き出し最も有利な状態に回復していただくこと、また一日も早い社会復帰を目指すことを目的に様々な専門スタッフが多職種連携のもと365日リハビリを行っております。

    救急受け入れ、治療にとどまらずリハビリテーションから予防・健康増進にいたる包括的な医療活動を地域で展開しており、新病院移転に伴い、地域包括ケア病棟と緩和ケア病棟、サポートセンターを開設しました。
  • 病院の周辺環境
    当院は「お城とさくらとりんご」に象徴される青森県弘前市は,豊かな自然環境に恵まれた,数々の歴史的遺産と文化が息づく落ち着いた雰囲気のまちにあります。

    弘前市の地理的特徴としては青森県西部に位置しており、北部につがる市、東部に平川市、西武に西目屋村、鰺ヶ沢町、南部に大鰐町、秋田県大館市と隣接しています。人口では青森市、八戸市に次ぐ県内3番目の都市。明治22年の時点では仙台市、盛岡市に次ぐ東北3位の人口規模を誇りました。江戸期は城下町として、戦前は陸軍第八師団の軍都として、また旧制弘前高校をはじめとする学都として栄えた。戦後、第八師団の解散により軍都としての機能は終えたが、国立大学が新設されたことから、現在も学園都市としての性格を保ち続けています。

    弘前市はりんごの生産量が全国一で約20%を占め、りんごにこだわる街づくりを目指し「りんご色のまちHIROSAKI」をキャッチフレーズとしています。また、弘前公園で開催される弘前さくらまつりや弘前城も全国的に知られております。

    8月には、国の重要無形民俗文化財に指定されている「弘前ねぷたまつり」が開催され、毎年100万人以上の人出があり、弘前市を代表する夏祭りとなっています。

    総人口は178,733人、そのうち男性は82,632人、女性は96,101人になり世帯数は79,186戸になります(2014年12月現在)。
    弘前市の交通はJR奥羽本線、五能線、弘南鉄道弘南線・大鰐線が乗り入れ、バスは弘南バスの路線バスの他、都心などへの高速バスが運行されています。

    【弘前市への主なアクセス】
    近年は北海道新幹線の開通に伴い、東京方面だけではなく北海道方面からでも新幹線で青森県を訪れることができるようになりました。
    もちろん他にも飛行機やJR、車で来ることも可能です。
    病院も国道7号に隣接しているほか、JR弘前駅からは約2km、東北自動車道大鰐・弘前I.C.からは約6kmと、アクセスが良好な地点に位置する地区です。
    ◆飛行機
    青森空港からバスで55分
    ◆新幹線
    新青森駅から特急で30分
    ◆電車(JR)
    青森市から45分、秋田から特急で2時間
    ◆高速バス
    東京から9時間、仙台から4時間、盛岡から2時間
  • 主な医療機器・設備
    電子カルテ、MRI、CT、アンギオ、内視鏡、一般撮影装置、腹部エコー、心エコー、X-TV、マンモグラフィー、骨密度、自動心臓マッサージ、等
  • 学会認定・修練施設等
    【施設認定】
    救急告示病院、病院機能評価認定病院(3rdG:Ver.1.0)、厚生労働省臨床研修指定病院、卒後臨床研修評価機構認定病院(JCEP)、HPH(Health promoting Hospitals:健康増進活動拠点病院)、世界保健機構(WHO)・ユニセフ「赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital)」認定施設
    【学会認定】
    日本内科学会認定医制度教育関連病院、日本プライマリケア学会認定研修施設、日本救急医学会認定救急科専門医指定施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本整形外科学会専門医研修施設、日本リハビリテーション医学会研修施設、日本産婦人科学会専門医制度・専攻医指導施設、日本小児科学会専門医研修関連施設、日本精神神経学会精神科専門医研修施設、日本病理学会登録施設、日本感染症学会研修施設、日本神経学会専門医潤教育施設、日本消化器内視鏡学会指導施設、PEG・在宅医療研究会認定胃瘻管理施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本静脈経腸栄養学会認定NST稼働施設、日本栄養療法推進協議会認定NST稼働施設
診療科目 診療科目別病床数 診療科目別医師数 診療科目別看護師数
(こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
診療科目 一日平均外来患者数 平均入院患者数 年間症例数
(こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 診療科目
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 開設年月日
    1952年
  • 総病床数
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 総病床数詳細
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
スタッフ体制
  • 総職員数
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 総職員数詳細
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 総看護師数
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 総看護師数詳細
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 総療法士数
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 総放射線技師数
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 総栄養士数詳細
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 院長
    伊藤 真弘
  • 院長出身校
    弘前大学
  • 看護部長(総師長)
    寺島 由美
  • 看護体系
    7:1
  • 救急指定
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 一日平均救急外来患者数
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 処方箋
    (こちらの内容は会員のみが閲覧可能です。)
  • 所在地
    青森県
  • 住所
    弘前市 野田2-2-1
  • 最終更新日
    2018年01月30日 09時30分

病院所在地検索