マイナビRESIDENT編集部が選ぶ 押さえておきたい今週の医療系ニュースベスト5!(出展:マイナビニュース)

日々進歩する、医学の世界。いま、この瞬間にも、誰かがどこかで画期的な薬を開発していたり、治療に役立つ大発見をしたりしているかも知れません。このコーナーでは、医学を志すにあたり「これだけは押さえておきたい!」というニュースベスト5を毎週、マイナビRESIDENT編集部が厳選し、お届けします!

2020/04/01~2020/04/07

  • 第1位

    医学生物研究所、新型コロナ向けリアルタイムPCR試薬を発売

    医学生物研究所(MBL)は、新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を検出する研究向けリアルタイムPCR試薬「FLUOROSEARCH Novel Coronavirus (SARS-CoV-2) Detection Kit」を3月27日より発売した。

  • 第2位

    胃の重要な免疫の働きを発見 ピロリ菌感染対策に期待 理研など

    胃には細菌の感染を抑えようとする免疫の重要な働きがあることを、マウスを使った実験で発見したと、理化学研究所などのグループが発表した。胃では免疫の働きが弱いというこれまでの認識を覆す成果で、胃がんの大半の原因であるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染対策などにつながると期待される。

  • 第3位

    「LINEヘルスケア」、2種類のオンライン健康診断の無償提供期間を延長

    LINEヘルスケアは、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」の2種類のオンライン健康診断『いますぐ相談』『あとから回答』を、4月以降も無償提供することを明らかにした。

  • 第4位

    塩味をおいしく感じる舌の細胞を特定 情報伝達の仕組みも明らかに

    京都府立医科大学大学院医学研究科の樽野陽幸教授らは31日、マウスを用いた実験により、塩味をおいしく感じる舌の細胞を特定したと発表した。塩味を脳に伝える情報伝達の仕組みも分子レベルで明らかにした。おいしさを損なわない減塩食品の開発につながる成果だ。

  • 第5位

    布マスクの感染予防効果は?逆効果にしないための注意ポイント

    ◆布マスク2枚を政府が支給? 国内で続く医療現場も含めたマスク不足
    日本国内のマスク不足が依然続いています。マスクが必要な医療機関においても、医療者のマスクを1日1人1枚のみとした施設や、すでに在庫がなくなりつつある施設も出てきました。通常では考えられないことですが、病院内の在庫状況を考え、数日間に渡って同じ1枚のマスクを使用しなくてはならないケースも出てきているようです。

2020/03/25~2020/03/31

お役立ち

ご利用ガイド


友人紹介キャンペーン