日本で最も歴史のある医学生・医療系学生団体の一つ
国際的な学会に出席したり論文を読んだり。医療の現場で働くうえで英語は必要不可欠です。にもかかわらず、多くの医学部のカリキュラムは英語の授業が非常に少ないのが現状。そのため、医療に関するディスカッションや発表会などを英語で行い、実践的な英語のスキルアップを図ろうというのがJIMSA(Japan International Medical-ESS Students' Associations)の目的です。前身は1962年にスタートしており、日本で最も歴史のある医学生・医療系学生団体の一つ。現在は12大学から400人を超える個人会員が加盟しています。

イベントの内容を具体的に教えてください。

レベルに合わせて3つの部門があります。「一般英語部門」では年度初めにSpeech Contest、12月にはDebate Matchを実施。限られた時間の中で相手に思いを伝えます。「基礎医学部門」では9月にBMC大会(基礎医学研究発表会)を実施。チームごとに実験や情報解析を行い、学会形式で研究成果を発表します。「臨床医学部門」の活動は最もアカデミック。集大成として行うCPC大会(臨床病理症例検討会)は、臨床と病理の両側面から診断・治療が適性かどうかをディスカッションします。これら全ては英語で発表を行います。

英語力に自信がなくても参加できますか?

英語に興味があるなら大歓迎!3部門に分かれているので自分のレベルにあったところ、興味があるところからスタートできます。高学年から参加した人もたくさんいます。基礎医学部門、臨床医学部門の大会を聞きに行き、同じ医学生が英語で発表している姿を見ると「自分もやってみたい!」とモチベーションがあがること間違いありません。また、Summer Campでは勉強会のほかにBBQや花火などを楽しみ、他学年や他大学の学生とも仲良くなれます。

今後の目標は?

医学生だけでなく、医療系学生にも幅広く参加して欲しいです。現在、看護学生も参加していますし、薬学生との連携を深めている企画も持ち上がっています。また、加盟大学は現在12大学ですが、来年度以降の新規加盟大学も決定しています。12大学の多くが関東に集中しているため、各大会を東京で開催することが多いのですが、一般英語部門のSpeech Contestは九州でも開催されています。今後、北海道での実施も計画中です。大学数、地域ともに拡大していきたいですね。

スケジュール(年間)

5月 Freshmen's Discussion   11月 CPC大会(臨床病理症例検討会)
6月 Speech Contest in 関東
Speech Contest in 九州
  12月 Debate Match
8月 Summer Camp   3月 OBOG会
総会 春企画
9月 BMC大会
(基礎医学研究発表会)

メッセージ

基礎医学部門、臨床医学部門の大会はかなりハイレベルな内容。大会準備のためにメンバーが何度も集まり、大会前ともなると昼夜を問わず英語と格闘することになりますが、やり遂げた後の心地よい疲労感と達成感は癖になります(笑)。単に英語の力を伸ばすだけではなく、医療人として、人間としても大きく成長できる場所。ぜひ一度、JIMSAの活動に一歩踏み出してみてください!

お知らせ

2014年大会&イベント開催日程
5/25 Freshmen's Discussion @日本大学
6/8 Speech Contest @福岡大学
6/15 Speech Contest @北里大学
8/8-11 Summer Camp in 千葉県岩井
9/28 BMC大会@聖マリアンナ医科大学
(基礎医学研究発表会)
11/9 CPC大会@東京慈恵会医科大学
(臨床病理症例検討会)
12/20 Debate Match@帝京大学
日程・会場は変更になる場合もございます。
※大会詳細は下記HPをご覧ください。
http://jimsahomepage.jimdo.com/

indexページへ

お役立ち

ご利用ガイド


友人紹介キャンペーン